こども時間

小学生からの子育てや勉強法、読書や暮らしについて書いています

分数のたし算【分数の計算】

f:id:nekotohina:20171229230758j:plain
今回は分数の計算の1つ、分数のたし算について書いていきたいと思います。


分数のたし算には、次の①と②の場合があります。
①分母が同じ分数どうしのたし算
②分母が違う分数どうしのたし算


分数のたし算

ではそれぞれの計算の仕方をみていきたいと思います。

スポンサードリンク



分母が同じ分数のたし算

分母が同じ分数のたし算では、分母はそのままで分子のたし算をします。


(例1){\displaystyle\frac{2}{7}}+{\displaystyle\frac{4}{7}}{\displaystyle\frac{6}{7}} 

 分母の7はそのままで、分子のたし算2+4をします。


(例2){\displaystyle\frac{5}{11}}+{\displaystyle\frac{8}{11}}{\displaystyle\frac{13}{11}}

分母の11はそのままで、分子のたし算5+8をします。
答えは仮分数で答える場合は{\displaystyle\frac{13}{11}}、帯分数で答える場合は1{\displaystyle\frac{2}{11}}です。
⇒ 仮分数・帯分数ってなに?


(例3)1{\displaystyle\frac{2}{5}}+{\displaystyle\frac{4}{5}}{\displaystyle\frac{7}{5}}+{\displaystyle\frac{4}{5}}{\displaystyle\frac{11}{5}}(または2{\displaystyle\frac{1}{5}}

 分母の5はそのままで、分子のたし算をします。
 今回は帯分数の1{\displaystyle\frac{2}{5}}を仮分数{\displaystyle\frac{7}{5}}になおしてから計算しました。

 他に帯分数を整数と真分数に分けて計算する方法があります。
 1{\displaystyle\frac{2}{5}}+{\displaystyle\frac{4}{5}}=1+{\displaystyle\frac{2}{5}}+{\displaystyle\frac{4}{5}}=1+{\displaystyle\frac{6}{5}}=1+1{\displaystyle\frac{1}{5}}=1+1+{\displaystyle\frac{1}{5}}2{\displaystyle\frac{1}{5}}



分母が違う分数のたし算

分母の違う分数のたし算は、はじめに通分してから先ほどと同様に計算をします。


(例1){\displaystyle\frac{1}{3}}+{\displaystyle\frac{3}{5}}{\displaystyle\frac{1×5}{3×5}}+{\displaystyle\frac{3×3}{5×3}}{\displaystyle\frac{5}{15}}+{\displaystyle\frac{9}{15}}{\displaystyle\frac{14}{15}}


(例2){\displaystyle\frac{5}{6}}+{\displaystyle\frac{7}{12}}{\displaystyle\frac{5×2}{6×2}}+{\displaystyle\frac{7}{12}}{\displaystyle\frac{10}{12}}+{\displaystyle\frac{7}{12}}{\displaystyle\frac{17}{12}}(または1{\displaystyle\frac{5}{12}}


(例3){\displaystyle\frac{1}{2}}+{\displaystyle\frac{3}{4}}+{\displaystyle\frac{5}{8}}{\displaystyle\frac{1×4}{2×4}}+{\displaystyle\frac{3×2}{4×2}}+{\displaystyle\frac{5}{8}}{\displaystyle\frac{4}{8}}+{\displaystyle\frac{6}{8}}+{\displaystyle\frac{5}{8}}{\displaystyle\frac{15}{8}}(または1{\displaystyle\frac{7}{8}}


(例4){\displaystyle\frac{3}{4}}+{\displaystyle\frac{2}{7}}+2{\displaystyle\frac{5}{14}}{\displaystyle\frac{3×7}{4×7}}+{\displaystyle\frac{2×4}{7×4}}+{\displaystyle\frac{33}{14}}{\displaystyle\frac{21}{28}}+{\displaystyle\frac{8}{28}}+{\displaystyle\frac{66}{28}}{\displaystyle\frac{95}{28}}(または3{\displaystyle\frac{11}{28}}


※ 計算後の答えが約分出来るときには、約分をします。





スポンサードリンク






こちらもどうぞ。
www.study.hanatooyatsu.com
www.study.hanatooyatsu.com
www.study.hanatooyatsu.com