こども時間

小学生からの子育てや勉強法、読書や暮らしについて書いています

夏休みのお出かけに。子供と行くおすすめスポットを紹介します

もうすぐ夏休みがやってきますね。

長い長い夏休み、子供たちとどこへ出かけようかと考え中の方も多いと思います。

今回は、夏休みに子供たちと行きたいおすすめのスポットと、一緒にあわせてまわりたいお出かけスポットをまとめて紹介します。

夏休みはもちろん休日のお出かけ、または大人どうしでのお出かけの参考にもどうぞ。

 

夏休みや休日に子供と行きたいおすすめスポット

 

 

スポンサードリンク

 

 

八島ヶ原湿原

夏は暑いため、日中外に出ることがなかなか出来ませんが、国の天然記念物にも指定されている標高1630mの八島ヶ原湿原は、カエルの鳴き声や小鳥のさえずりを聞きながら気持ちよく自然の中を散策することが出来る場所。

f:id:nekotohina:20170711195634j:plain

 

八島ヶ原湿原は長野県下諏訪町にあります。

車で中央自動車道諏訪ICまたは長野自動車道岡谷ICから40~50分程のところにあります。

駐車場については、こちらをご覧ください。

 

八島ヶ原湿原の周辺では珍しい高山植物も見つかり、季節によってはトンボや蝶なども飛んでいます。

f:id:nekotohina:20170711195704j:plain

 

写真を撮影して帰り、お子さんの自由研究にしてもいいですね。

f:id:nekotohina:20170711195726j:plain

 

八島ヶ原湿原の周りは景色を楽しみながら歩いても、1時間半くらいで歩くことが出来ます。

1時間半とは言っても、勾配はそれほどなく、ゆったり歩けるので、気がついたら時間が過ぎているという感じです。

途中で来た道を戻る方もいらっしゃるので、一周周るのが大変な方は無理をせずに自分のペースで散策を楽しむといいですね。

よく見ながら歩いていると、ヤドリギを見つけることも。

f:id:nekotohina:20170711195758j:plain

 

湿原の中にはこのような看板や、植物周辺に名前の書かれたプレートを見かけることもありますので、植物の名前を調べる際の参考になると思います。

f:id:nekotohina:20170711195819j:plain

 

1つ注意する点としては、八島ヶ原湿原の周囲に整備されている道ですが、途中木が朽ちてしまっていて一部通りにくい箇所もあります。

途中で人とすれ違うこともありますので、歩くときには気をつけましょう。

f:id:nekotohina:20170711195839j:plain

 

時間を気にせずに自然の中で過ごす1日は格別です。

日頃の運動不足やストレス発散にもなりそうですね。

f:id:nekotohina:20170711195857j:plain

 

八島ヶ原湿原とあわせてまわりたいお出かけスポット

ここからは、八島ヶ原湿原とあわせてまわるのにおすすめのスポットを3か所紹介します。

 

霧ヶ峰高原ドライブイン『霧の駅』

たくさん歩いてお腹が空いたら、八島ヶ原湿原から車で程近い場所にある霧ヶ峰高原ドライブイン『霧の駅』がおすすめです。

レストランやおみやげ屋さん、トイレもあり、食事や休憩をするにはぴったりの場所です。

またドライブインの外には、焼きとうもろこしをはじめ

f:id:nekotohina:20170711195916j:plain

 

じゃがバター・おやきなどが食べられるお店もあります。

ちょっと何か食べたいというときにいいですね。

f:id:nekotohina:20170711200006j:plain

ドライブイン『霧の駅』の場所はこちらをどうぞ。

 

白樺リゾート池の平ファミリーランド

八島ヶ原湿原からビーナスラインを通り白樺湖に向かうと、そこに見える遊園地が『池の平ファミリーランド』です。

関東甲信越では最長の全長1.3kmのコースを走るゴーカート『アドベンチャーカート』をはじめ、2人乗りのゴムボートに乗り水しぶきを上げながら急流を下る『アドベンチャーカヌー』、遊園地ではおなじみの『メリーゴーランド』など、小学生や小学校に上がる前のお子さんたちが楽しめるアトラクションがいっぱいの施設です。

八島ヶ原湿原や池の平ファミリーランドの辺りは夏でも肌寒い日がありますので、上に1枚羽織るものを持って遊びに行くのがおすすめ。

また天候も変わりやすいので、傘などの雨具も念のため持っていると安心です。

池の平ファミリーランドについて、詳しくはこちらをどうぞ。

familyland.ikenotaira-resort.co.jp

 

岡谷蚕糸博物館(シルクファクトおかや) 

f:id:nekotohina:20170711200112j:plain

長野自動車道岡谷ICから車で5分程の場所にある岡谷蚕糸博物館(シルクファクトおかや)。

ここは、日本でかつて盛んだった養蚕業の歴史について学べ、実際に繭から絹糸をとるようすを間近で見ることが出来る施設です。

普段なかなか見ることのない蚕と触れ合えるスペースもあり、子供たちだけでなく私たち大人も貴重な体験が出来る場所です。

岡谷蚕糸博物館については、この記事で詳しく紹介しています。

www.study.hanatooyatsu.com

 

西湖コウモリ穴

続いて紹介する夏休みや休日に行きたいお出かけスポットはこちら。

山梨県富士河口湖町にある、西湖コウモリ穴です。

西湖コウモリ穴は富士五湖の1つ、西湖付近にある洞穴で、富士山麓にあるたくさんの溶岩洞穴の中でも規模の大きい洞穴と言われています。

f:id:nekotohina:20170711200214j:plain

 

入り口で大人300円、小中学生150円でチケットを購入すると、そこでヘルメットを貸していただけます。

そのヘルメットをかぶり、いざ洞穴の中へ。

f:id:nekotohina:20170711200738j:plain

 

昼間の時間帯にはコウモリを見ることはなかなか出来ないようですが、非日常的な場所で探検家気分を十分に味わうことが出来ます。

洞穴内は涼しく、外との気温の差もありますので、中に入る際には上に羽織るものを持って行くのがおすすめです。

f:id:nekotohina:20170711200756j:plain

 

場所はこちらになります。 

西湖コウモリ穴

富士河口湖町西湖2068

☎0555-82-3111

 

スポンサードリンク

 

 

西湖コウモリ穴とあわせてまわりたいお出かけスポット

西湖コウモリ穴に来た際にあわせてまわりたいお出かけスポットを紹介します。

 

富岳風穴鳴沢氷穴 

西湖コウモリ穴に来たら、夏でも涼しい…いいえむしろ寒い、平均気温3度という洞穴めぐりはいかがでしょう。

富岳風穴鳴沢氷穴の2つの洞窟は、西湖コウモリ穴からそれぞれ近いので、あわせてまわるにはおすすめです。

詳しくは、富岳風穴鳴沢氷穴ホームページをどうぞ。

 

フォレストアドベンチャー・フジ

現在、日本全国にあるフォレストアドベンチャーは、フランス発の、森林をそのまま利用したアウトドアパークです。

自然の立ち木をそのまま利用しており、木の上に作られているプラットホームと呼ばれる足場から、別の木へと自分自身で安全を確認しながら空中を移動していきます。

フォレストアドベンチャー・フジのコースは、キャノピーコースアドベンチャーコースの2種類。

夏休み中は特に、大人から子供たちまでたくさんの方たちで混雑すると思いますので、行かれる場合は事前に予約されることをおすすめします。

また、コースによっては年齢・体重制限などがあることもありますので、ホームページでしっかり確認してくださいね。

fa-fuji.foret-aventure.jp

また、お住まいの地域に近い場所を探したいという方はこちらからどうぞ。

 

富士展望の湯・ゆらり

フォレストアドベンチャーや洞窟めぐりでたくさん遊び、汚れた体をサッパリと洗い流すには温泉がいいですね。

西湖コウモリ穴や富岳風穴鳴沢氷穴からも近い場所にある、富士展望の湯・ゆらりは、富士山を眺めながら温泉に入れる日帰り温泉

入泉料を支払うと大人はバスタオルとフェイスタオルを、子供はフェイスタオルを借りることができ、浴室内にはボディーソープ・シャンプーが用意されているので手ぶらで安心して出掛けることができます。

施設内には食事がとれるお食事処もあります。

中でも予約可能な個室「お狩り場」での食事は、SLが部屋まで料理を運んでくれるとあって、お子さんたちにも喜ばれそうです。

 

道の駅なるさわ

f:id:nekotohina:20170711200821j:plain

富士展望の湯・ゆらりの隣りにある、道の駅なるさわ。

ここでは地元で採れた新鮮な野菜をはじめ、手作りのお饅頭や漬け物・お土産など、珍しいのものを見つけることができ、のんびりと買い物を楽しむことが出来ます。

f:id:nekotohina:20170711200839j:plain

 

うどんやそば・カレー・定食などの軽食がとれる食堂もありますので、休憩にもおすすめです。

f:id:nekotohina:20170711200858j:plain

詳しくはこちらをどうぞ。⇒ 道の駅なるさわ

 

 

南極・北極科学館

今年2017年の1月に観測を始めてから60周年を迎えた昭和基地

2010年に開館した東京都立川市にある南極・北極科学館は、昭和基地のある南極や北極で普段どのような観測や研究が行われているのか知ることの出来る施設。

昭和基地の部屋の様子や

f:id:nekotohina:20170711201206j:plain

 

昭和基地から南極点までの観測に出かけた際に使用された雪上車が展示されており、実際に中に入って雪上車の中の様子を見ることも出来ます。

f:id:nekotohina:20170711201225j:plain

 

以前この施設を訪れたときにわが家の子供が喜んだのは、観測隊の方が南極から持ち帰ったという氷。

この氷の中には数万年前の空気が閉じ込められているそうで、そのような貴重な氷を日本に居ながら触れるとあって大興奮していました。

f:id:nekotohina:20170711202529j:plain

 

またこの他にも、隕石や岩石を観察したり、オーロラシアターにおいては研究用に撮影されたオーロラの映像を月替わりで観ることも出来ます。

南極・北極科学館を見学した後は、その記憶の新しいうちに極寒の南極で生き抜いた犬の物話『タロとジロ』の本をお子さんと読んでみてはいかがでしょう。

夏休みの読書感想文の本としてもおすすめです。

タロとジロ 南極で生きぬいた犬 (講談社青い鳥文庫)

タロとジロ 南極で生きぬいた犬 (講談社青い鳥文庫)

 

 

国立極地研究所 南極・北極科学館

東京都立川市緑街10-3

📞042-512-0910

 

南極・北極科学館とあわせてまわりたいお出かけスポット 

南極・北極科学館に来た際にあわせてまわりたいお出かけスポットを紹介します。

 

多摩動物公園

南極・北極科学館の最寄り駅『高松駅』から多摩モノレールで8駅の場所にある多摩動物公園

f:id:nekotohina:20170711202553j:plain

 

この多摩動物公園で飼育されている動物は、およそ320種。

ゾウやキリンをはじめ、レッサーパンダ、カンガルー、バク、トナカイなど、たくさんの動物たちを見ることが出来ます。

この中でも、私のおすすめは昆虫園。

私が訪れたときには、ハナカマキリや

f:id:nekotohina:20170711202607j:plain

 

ヘラクレスオオカブトと言った外国産の珍しい昆虫を見ることが出来ました。

f:id:nekotohina:20170711202630j:plain

 

このような図鑑でしか見たことのない貴重な昆虫たちを近くで見られるので、昆虫好きのお子さんには特に喜ばれると思います。

多摩動物公園について、詳しくはこちらをどうぞ。

www.tokyo-zoo.net

 

ピッツェリア ユーイチローエアー

JR立川駅から徒歩3分ほどの場所にある『Pizzeria YUICIRO&A(ピッツェリア ユーイチローエアー)』。

ここは、気軽に美味しいピザやパスタが食べたいというときに訪れるといいお店です。

おすすめはランチセット。

3種類のピザまたは3種類のパスタの中からお好きな1品を選ぶと、サラダとドリンクがついてきます。

これで1,000円というのは嬉しいですね。

この日はマルゲリータビアンカの2種類のピザを注文してみました。

薪窯で焼かれたピザは香ばしく、あっという間に食べてしまうほどの美味しさでした。

f:id:nekotohina:20170711202649j:plain

ランチタイムは全席禁煙の90分制。

営業時間・定休日・場所など、詳しくはホームページをご覧ください。

⇒ Pizzeria YUICIRO&A(ピッツェリア ユーイチローエアー)

 

IKEA立川・ららぽーと立川立飛

南極・北極科学館のある立川には、この他にも家具やインテリア雑貨が豊富にそろうIKEA立川や、ショッピングパークのららぽーと立川立飛もほど近い場所にあり、買い物をゆっくりと楽しむことが出来ます。

のんびりと休日を過ごすにはおすすめの場所です。

 

まとめ

今回は、夏休みや休日に子供と行きたいお出かけスポットを紹介しました。

日帰りで泊まりで、お出かけする際の参考になると嬉しいです。

(ここに記載した情報につきましては、今後変更になることもあると思います。お出かけになる際には、一緒に記載してあるホームページ等から最新の情報をご確認くださいますようお願い致します。)

 

たくさんあって紹介しきれませんでしたが野辺山高原も夏は涼しく、夏休みに出掛けるにはいいところ。

駅前にはレンタサイクルもあり、自分たちのペースでゆっくりと観光が出来ます。www.study.hanatooyatsu.com

www.study.hanatooyatsu.com

www.study.hanatooyatsu.com

スポンサーリンク