小学生・中学生の勉強

小学生の算数・中学生の数学を中心に勉強や夏休みの宿題・おすすめの本・学校行事について書いています。

クラス替えが不安。どうしたらいい?

f:id:nekotohina:20190320214504j:plain

春は出会いと別れの季節。

春休みを迎え、4月に入学式や始業式を迎えるまでのこの時期は、つかの間の春休みを楽しむ一方で、新学期になり新しいクラスに馴染めるかという不安を多少なりとも抱えているお子さんも多いことと思います。

今回は、この時期気になるクラス替えについて書きたいと思います。

 

 

 

クラス替えには、はじめから過度に期待しない

どんなことでもそうですが、はじめの期待が大きすぎると自分の思うような結果にならなかったとき、落ち込んでしまうということがあります。

クラス替えというのは学校で生活する以上つきもので、自分の意思でどうにかなるものではありません。

これは大人になってもやはりそうです。

働くようになれば、職場にもよりますが人事異動がつきもの。

このようにクラス替えが自分の意思ではどうにもならない以上、せっかくの春休みにそのことばかり考えて憂鬱に過ごすのももったいないような気はしませんか?

なんとかなる。どうにかなる。

どんな場所でも自分は絶対に大丈夫!

そういった強い気持ちを持つように心がけてはいかがでしょう?

はじめは難しいかもしれませんが、前向きな気持ちでいると自然と表情にも自信が出てくると思います。

 

 

学校以外での居場所を作る

習い事や塾で出会った友だちでも、学年や年齢の違う友だちでも大人でもいいので、学校以外の場所で、心を開ける居場所が1つでもあるといざというとき心の支えになります。

学校生活はいいときばかりではありません。

その逆で悪いときばかりでもありませんが、悩んだとき、困ったとき、真っ先に相談できる人を日ごろから見つけておくと安心です。 

 

友だちは作るもの?無理に作ろうとするから疲れるのかも 

親友だとお互いに思える友人には簡単に出会えるものではありません。

新しいクラスになり知り合った友だちといきなり意気投合するということもあるかもしれませんが、急激に近づきすぎると後になって「こんな子だと思わなかった。」とか、「あんな大事なこと話さなければ良かった。」と思ったときに、後悔することにもなりかねません。

新学期を迎え、出来るだけ早く友だちを作りたい気持ちは誰もが持っていると思いますが、急激に近づきすぎるとその分離れるのは難しくなります。

友だちは作るというより、自然にできるもの。

無理に作ろうとして、いつもの自分とは違う自分を演じるのも疲れちゃいますよね。

「信頼できる友だちが1人でも出来ればいいな。」くらいの気持ちで、焦らずに相手のことをよく見た上で少しずつ距離を詰めていく方が、長い目で見るとうまくいくような気がします。

 

特定の友だちに依存しすぎない

クラス替えが不安になる理由のなかには、「いま現在仲のいい友だちと離れてしまったら…。」という心配もあると思います。

せっかく仲のいい友だちが出来たのに、また一からはじめるなんて。

私も学生の頃、そのように考えたことがありました。 

でもよくよく考えてみると、誰かに依存しすぎていた場合、万が一その関係にヒビが入ったり、また相手の友だちに新たな友だちが出来た場合、どうでしょう?

最悪の場合、心のよりどころが一気になくなり、学校に行くこと自体が楽しくなくなったり、つまらなく味気なくなってしまうかもしれません。

人間関係は環境によっても、自分の置かれた状況によっても、移りかわっていくもの。

成長とともに相手が変わることもあれば自分自身が変わることもあります。

それは仕方のないこと。

中学、高校、短大、大学、専門学校、就職など、これから先みなさんは1つ1つ進路を決めていくわけですが、そこでは新たな出会いが待っています。

今はもちろん大切ですが、どんなときでも長い目で物事を見ることは忘れないこと。

自分の興味のあることは何か、将来どんな仕事に就きたいか…こういったことを突き詰めて進路の選択をしていくことで、ぶれることなく芯の通ったひとりの人間となり、もし今良い出会いがなかったとしても、結果的にこれはと思う友だちとの出会いが待っているような気がします。

 

自己紹介は落ち着いて

新しいクラスが決まったときに、まずはじめにするのは自己紹介。

自分がどんなことに興味を持っているのか、どんな人間なのかをみんなに話す機会でもありますが、1年間一緒に過ごす友だちがどんな人なのかを逆に知る機会でもあります。

緊張する場面ではありますが、それは堂々としているように見えるみんなも同じ。

自分自身の自己紹介にばかり気を取られていると、他の友だちの話が耳に入ってきませんので、ここはしっかりと落ち着いて。

「気の合いそうな友だちはいるかな?」

まずはゆったりとした気持ちで、みんなの自己紹介を聞いてみてはいかがでしょう?

 

最後に

今回はクラス替えについて書きましたが、いじめのように深刻な問題の場合はまた別の話になります。絶対にひとりで抱え込まず、必ず周りの信頼できる大人に相談してください。(近くに相談できる人がいない場合は、文部科学省で取り組んでいる24時間子供SOSダイヤルがあります。子供たちや保護者のみなさんが全国どこからでも24時間相談できるようになっています 📞0120-0-78310)

 

スポンサーリンク

   

こちらもどうぞ。 

www.study.hanatooyatsu.com

www.study.hanatooyatsu.com

www.study.hanatooyatsu.com